認証取得の意義

 


1.情報セキュリティレベルが上昇する。

(1)認証取得に向けた活動の中で、情報セキュリティの向上のための全体的なチェックを行い、意識されていなかった課題を明確にすることができる。
(2)これらの課題への対策を行うことで、全体として情報セキュリティのレベルが上昇する。

2.大学のブランド力アップにつながる。

 世界標準の第3者評価を受けることにより,情報セキュリティのレベルが高いイメージをPRすることができ、全学ソフトウェアなどと組み合わせて、「ICTに強い大学」として社会にPRできる。

3.学内ユーザへの信頼を高めることができる。

 様々な情報セキュリティの脅威から情報統括本部の情報資産を守り,安定したシステムの構築・運用サービスを提供することで,学内のユーザーへの貢献と情報統括本部の信頼向上を図ることができる。